トップ > レンタルサーバマニュアル > データベースの操作

データベースの操作

データベースの作成方法や、管理方法の説明です。


■1.データベースを作成する

ここでは、データベースとデータベースユーザの新規作成、削除の手順を説明します。

1.1 データベースの新規作成

1) データベースを新規作成するためには、まずコントロールパネルの「データベース」アイコンをクリックします。

2) 「新しいデータベースの追加」アイコンをクリックします。

3) 作成する「データベース名」を入力して、「OK」ボタンをクリックします。

 


 

1.2 データベースユーザの新規作成

データベースを使用するためには、そのデータベースにデータベースユーザを追加しておく必要があります。

1) データベースユーザを新規作成するには、まず「新しいデータベースユーザの追加」アイコンをクリックします。

2) 作成する「データベースユーザ名」と「パスワード」を入力して、「OK」ボタンをクリックします。

これで、データベースとデータベースユーザの作成が完了しました。

 


 

1.3 データベースユーザの削除
データベースユーザを削除したい場合は、

1) 削除したいデータベースユーザの行のチェックボックスにチェックを入れ、「選択対象を削除」をクリックします。

2) 削除の確認の画面に移動しますので、「削除の確認」のチェックボックスにチェックを入れ「OK」ボタンをクリックして下さい。

これで、データベースユーザの削除が完了しました。

また、上の図の画面は、削除するデータベースにデータベースユーザが存在しない場合の画面ですが、データベースユーザが存在している場合には、データベースユーザごとデータベースが削除されます。

■2.php My Admin の画面概要

phpMyAdmin とは、Web ブラウザ上からデータベースを管理するためのソフトです。

phpMyadminを利用することによって、データベースに関する専門的な知識が無くても、ブラウザから簡単にデータベースの操作を行うことが可能です。

ここでは、コントロールパネルで作成したデータベースを phpMyAdminで管理するための手順を説明します。

1) まず、コントロールパネルのホーム画面の「データベース」アイコンをクリックします。

2) 管理したいデータベースを選択します。

ここでは、「sampleDB」というデータベースが既に作成されているものとします。

3) 「DB WebAdmin」アイコンをクリックします。

(ポップアップブロックされるようでしたら、一時的に許可してください。)

新しいウィンドウが開き、phpMyAdmin が起動します。この画面から、データベース管理を行うことができます。

phpMyAdminで扱うデータベースは、mysqlと呼ばれるものです。

mysql については、以下のサイトを参考にして下さい。

日本MySQLユーザ会

また、phpMyAdminの利用方法は下記のサイトをご覧下さい。

phpMyAdmin