トップ > 事業内容 > ホームページ制作・管理ご利用規約

一つ前に戻る

<オフィス陶陽 ホームページ制作・管理ご利用規約>

序章(利用規約)

オフィス陶陽(以下「弊社」と称します)は、本規約に基づき契約、及び弊社と本契約を締結した法人、または個人(以下「依頼人」と称します)を締結の上、「オフィス陶陽 ホームページ制作・管理サービス」を提供する物とします。また依頼人は、本サービスに申込みを行った時点で、本規約の内容を承諾しているものとみなします。

 

第1条(サービスの目的)

本サービスは、依頼人がHTMLホームページで情報配信を行なう為に、弊社が利用者の目的達成に必要な技術をもって制作した物とし、利用者に有償で提供することを目的とします。

 

第2条(利用規約の料金適用)

弊社は、料金に対し、追加分等の修正が出来る物とし、依頼人はそれに対し申し込み以降の料金修正や返金を要求出来ない物とします。

 

第3条(本サービスの提供地域)

本サービスの提供が可能な地域は、日本国内のみとします。

 

第4条(利用契約の成立と本サービスの開始)

1 弊社が依頼人に対し本申込書を提出し、依頼人は申込書に捺印された時点で利用規約の適用とします。

2 弊社は、依頼人が料金を振込みまたは手渡し、弊社が入金確認後、本サービスに着手する事とします。

3 着手以降の返金は弊社が制作出来ない状況になる以外は、依頼人は一切請求できないものとします。

 

第5条(本契約の解除)

1 弊社による本契約の解除

依頼人に、次の各項の何れかに該当する事由が生じた場合には、弊社は何等の催告を要せずに利用契約の全部、または一部を解除することが出来るものとします。この場合、当社は、利用者に対して、違約金、損害賠償等の責任を一切負わないものとします。

(1)弊社または利用者、または第三者に対し、成果物が原因となる損害をもたらす可能性が有ると弊社が判断した場合

(2)オフィス陶陽の定める禁止事項を行った場合

(3)利用料金支払い期限までにお支払いが無い場合

(4)監督官庁より営業の取消、停止等の処分を受けた場合

(5)信用状況が悪化、またはその恐れがある場合

(6)当社への、脅し、嫌がらせ行為と当社が判断した場合

2 依頼人による本契約の解除

依頼人は、違約金を支払うことによって、弊社がおこなう制作の進捗度合にかかわらず本契約を解除できるものとします。また、本契約を解除する場合、以下の違約金を弊社に支払うものとします。

(1)本契約の成立から弊社が成果物に対する依頼人の本契約の解除は着手金の100%と、それを超える制作の進捗度に合わせて加算した金額を違約金として請求できるものとします。

(2)弊社が成果物に対する利用者の確認を依頼した後におこなった本契約の解除は、依頼人は合計金額の全額を違約金として請求できるものとします。

 

第6条(契約内容の変更)

本契約後の契約内容の変更は、原則的に成果物または既存ホームページデータの更新として再契約の方法により行うものとします。

 

第7条(成果物のアップロード)

1 完成時にはウェブサーバーへ制作代行をしたファイルをアップロードする事で完成とします。

2 支払い期限を過ぎた場合には成果物ファイルを消去、又は裁判所へ提訴する事とします。

 

第8条(本アップロード後のデータ)

1 成果物の本アップロード後はCGIプログラム等を含むすべての成果物の内容、利用者側のデータのアップロード等の行為に起因して発生した障害について、弊社はいかなる責任も負わないものとします。

2 成果物の著作権は弊社に帰属するものとし、利用者が画像及びHTML等を無断転載することを禁じるものとします。

3 利用者の成果物に掲載された情報については、弊社はその真否、正確性等いかなる保証もしないものとします。

4 利用者が確認した成果物データの保管期間は本アップロード後2ヶ月間とします。

5 利用者の故意又は過失により成果物を再アップロードする必要が生じた場合、原則として更新として扱い、所定の方法で再契約をするものとします。

 

第9条 (CGIやPHPなどプログラムの動作に関する保証)

弊社は、申込者が成果物に含まれるプログラム、またはそれに類するものを使用するに当たり発生した不具合については、一切の保証をしません。ただし、本アップロードから30日以内に発生した不具合は、修正もしくは別プログラムへの変更を無償でおこなうものとします。また、以下のいずれかに該当する場合は、その限りではありません。

(1)プログラムの制作者または著作者が弊社以外の場合

(2)申込者または第三者がプログラムを改変した場合

(3)弊社が保証しない旨を本アップロードの前にあらかじめ申込者に伝えている場合

(4)使用するサーバー環境または閲覧側の機器環境に起因する不具合が発生した場合

(5)自然環境、ネットワーク上の不具合、通信環境が原因となるプログラムの予期せぬ変化が発生した場合

 

第10条(禁止事項)

1 依頼人は、本サービスの利用にあたって次に該当する事項を行ってはなりません。弊社は、依頼人が禁止事項を行ったことを発見した場合、利用者による本サービスの利用を停止し、本契約を解除出来るものとします。なお弊社は、利用者が行った禁止事項により損害を被ったときは、利用者に賠償を求めることができるものとします。

(1)本サービス利用目的以外の行為、またはその恐れのある行為

(2)他人の著作物を著作者に許可無く、無断で使用すること

(3)著作者に無断で利用者が複製した成果物を使用する行為、または第三者に使用させる行為

(4)第三者に虚偽の情報を以って不利益をもたらすこと

(5)弊社の運営を妨げる行為、またはその恐れのある行為

(6)コンピュータウィルス等有害なプログラムを本サービスを通じて使用、または提供する行為

(7)その他、法令に反すると判断される行為をすること

2 依頼人が前項で禁止する行為を行った場合、その行為に関わる責任は依頼人が負うものとし、弊社は一切の責任を負わず、依頼人は一切利用料金に対する請求はしない事とします。

 

第11条(利用情報の保護)

弊社は、依頼人が本サービスの申込み、または利用により得られる情報について、サービスの円滑な運営、利用者の管理、利用料金の請求ならびに、本サービスに対するサービス向上、利用促進を目的とした調査、検討、企画等の為のみに利用するものとし、その他の目的には一切使用しないものとします。また、法的に情報の開示を求められた場合もしくは利用者の承諾を得た場合を除き、外部へ情報を提供いたしません。

 

第12条(専属管轄裁判所)

本契約に関して生じた弊社と契約者との間の紛争については、訴訟が起きた時点で当社が所在する管轄地域の裁判所を契約者と弊社の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第13条(協議解決)

本規約に定めがない事項及び疑義が生じた事項については、契約者及び弊社は誠意をもって協議し円満にその解決にあたるものとします。

平成23年6月1日
福岡県糸島市二丈鹿家1860-2 オフィス陶陽
Ver1.3